2010年9月28日火曜日

昨日は

ご来場くださいました皆様、本当にありがとうございました。


反省点は常にありますが、第一回目の僕らのリサイタルを無事終える事が出来ました。


鳴り止まない拍手、ありがたかったです!
二曲のアンコールしか用意してなかったので、ピアノの前まで行き、蓋を閉めて笑いも取れて良かったです。


アンコール曲を皆さんとても気に入ってくださり、多数の問い合わせがありましたので、記載しますね。

グリンカ ひばり

ラフマニノフ ロマンスより 「ここは素晴らしい場所」

です。

ロシアに留学して生活して、意外にもピアノ曲ではなく、この2つの歌曲が僕の六年間を表す曲になりました。

この2つの歌曲をチェロの音色に乗り、弾きながら、モスクワを思い出しながら噛み締める事が出来ました。


室内楽的な音色、低音域の扱い方、まだまだ探究していかなくてはいけない事が、沢山ですが、本当に楽しい本番でした。

ソロの五分の一くらいの中で音色、幅を作る難しさ。

深いなぁ。

やっぱり奥泉のチェロ、好きだな。(笑)


ふーー。。。


大きな悩みを抱えていても、人間は人に支えられ、生かされている。
感謝の気持ち。

この気持ちは、人として1番大事に思います。

うまく全てがいっている時に、周りが優しく親切な事は当たり前。大事な人が、苦悩して、周りがめんどくさがる時こそ、側にいてあげれる人間でありたいです。


そう生きてきたつもりだし、これからも。

2010年9月26日日曜日

DUOリサイタル。

今日は、夜本番で横浜のリリスホールにて、チェロソナタ尽くしのリサイタルです。
バッハ、ドビュッシー、ブラームスのソナタ。

この三曲の弾き分け、非常に難度が高いですが、素晴らしいチェリストの音色に感化され、ぶつかっていきたいです。

ではでは。

2010年9月23日木曜日

コンサートのお知らせ。



涼しくなるんか、まだ暑いままがいいんか、はっきりせぃ!と思うかわけんです。


12月23日に、長野にてSDT(ソロ、デュオ、トリオ)という企画で、松田理奈さんのコンサートにてピアノトリオを弾かせて頂きます。

9月に山口の山陽小野田で企画して頂いたコンサート(ソロ、連弾、二台ピアノ)の室内楽バージョンのようなコンサート企画で、松田理奈さん監修のプログラミング。

ひとつのコンサートで、無伴奏ヴァイオリンからヴァイオリンを軸に演奏形態が発展していくユニークで濃いプログラムです。

僕は、最後のピアノトリオ(ヴァイオリン、チェロ、ピアノ)の名曲、メンデルスゾーンのピアノトリオ第1番で共演させて頂きます。

チェリストは今週末にリサイタルで共演する親友、奥泉貴圭です。

松田理奈さんは名実ともに、素晴らしいプレイヤーです。
来月頭に札幌で初トリオ共演です。楽しみにしてます!!

そして、笑いのセンスも、高校時代から本当に一目置いてます!着眼点が神です。
そして今回のトリオの理奈ちゃんと、チェリストの奥泉と僕の共通点。


そう、ラーメン二郎!!

僕がラーメン二郎をこよなく愛することは、このブログやツイッターを見て下されば、おわかりだと思いますが、理奈ちゃんは筋金入り。二郎暦10年。

ジロリアン(二郎を愛する人)ではなく、ジロリン(二郎を愛する女性)だそうです。笑
誰よりも早く食べ終える彼女の食べっぷりも、本当にびっくりです。。。

そして奥泉はこの四日間で三回、二郎へ行ったという情報が。(死ぬぞ!本当に。)

先日の合わせ前も三人で二郎直行してから合わせでした。
ニンニク、ヤサイ。

その後、密室、ニンニク臭。。。

12月も、もしかしたらホールがニンニク・・・いや、それは避けます。




ではでは。
12月のコンサートの詳細は下記の通りです。
お時間が合いましたら、是非お越しください!



松田理奈 室内楽コンサート “SDT” (Solo Duo Trio)


日時 2010年12月23日


会場 まつもと市民•芸術館(小)


共演 川田健太郎(ピアノ)奥泉貴圭(チェロ)


プログラム イザイ;無伴奏バイオリンソナタ第4番


      ベートーヴェン;デュオ第一番


      ヘンデル-ハルヴォルセン;パッサカリア


      メンデルスゾーン;ピアノトリオ第一番


問い合わせ リモージュコンサート 0268-72-1158


http://091225.jp/

2010年9月14日火曜日

心の糸

蝉の鳴き声から、鈴虫の羽音になり、少しだけ秋が見えてきた気がします。


8月の末の山口での演奏会から直接、金沢や名古屋に最近バタバタと飛び回っていたのは、11月27日にNHKで放送されるTVドラマのお仕事をしていた為でした。


今回ピアノ演奏、演奏指導を担当しています。



ここで目の当たりにした役者さんの集中力、オーラ、記憶力に脱帽。短時間でのレッスンで鍵盤の音だけでなく、音楽に大事な空間での「間」まで、完璧に感じ取っていました。

そして役者さんを取り巻くさまざまな分野の現場の方々、彼らのサポートに、ただただ感動する毎日でした。




詳細は↓

NHKドラマスペシャル 「心の糸」

今回、一緒に過ごしているうちに、主演の神木隆之介さんの大ファンになりました!

初めてレッスンをした時に、「なぜ音楽なのか」、「なぜ役者なのか」、とお互いの経緯も話せ、僕より10才も若いのに芯のある素敵な役者さんに感じました。

これからもテレビで彼の活躍を見るのが、とっても楽しみ^^



制作スタッフさんとも、短時間でしたが終わってしまうと寂しいですね。笑
また名古屋に行く時に連絡してしまいそうだ~!

しかし疲れた・・・。笑

2010年9月9日木曜日

今日は、一日中レッスンし、今帰宅しました。

さすがに最近の忙しさには、いっぱいいっぱい。何かリフレッシュしたいなぁ。

明日は始発で名古屋に向かいます。8時スタートとか、まぁじぃでぇすぅかぁ。


ニュースで名古屋、明日暑いって!
もう、いいっす!秋に行こう!ね?お願いします。


こんな疲労気味なかわけんに、可愛い生徒が今年初めて受けたコンクールの感想文をプレゼントしてくれました。涙が出そうになりました。

ありがとう、先生も頑張るよ。
----
明日は、ちゃんと起きれる様に、まず頑張らないと。。。

2010年9月4日土曜日

嬉しい偶然。

昨日は9時過ぎに仕事が上がり、たまたま名古屋公演で来ている、劇団四季の専属ピアニストで、芸高時代の先輩と合流して名古屋の飯を堪能しました。

先輩とは高校卒業以来、10年振り!こうやってお互い活動して地方で会うのも嬉しい偶然(*^_^*)

味噌カツや、名古屋コーチン、手羽先など、ビールも日本酒も進む進む(笑)
疲れに染み渡るビールの一口目。これだけは、文字に出来ない(笑)ピアノでは表せるかなぁ(笑)

お互いの近況も話し、やっばり芸高は人数が少ない分、いくつになっても上の学年でも家族みたいに何でも話せ、幸せな事だなぁと今しみじみ感じます。


今月は、本当に頑張る月です。年末までハードなスケジュールだけど、毎ステージを噛み締められる様に、頑張ります。

2010年9月1日水曜日

九月です。

おはようございます。
再び仕事で名古屋入りです。眠いです!が、起きて何とか今、新幹線です。


何故こんなに移動ばかりしているのかと言うのは、近日お伝えします。
今回は長期滞在になります。


九月になりました。本当に早いです。

今月末には、ソロリサイタル、そして高校時代の親友の奥泉貴圭との初リサイタルがあります。来月には札幌にてゲストに松田理奈さんを迎えてピアノトリオもあります。


高校時代、共にバカな事を沢山やり、泣いて笑って、過ごしました。
ステージ上では親友であることを忘れ、お互い本気でぶつかって行くと思います。素晴らしいチェリストです。必ず今後を担う演奏家になると思います。

共に高校卒業後、青春時代をドイツ、ロシアで学び、約八年ぶりの共演です。

15歳で出会い、お互い26になり、今後も時間は流れていく。演奏家として、良い年のとり方をしたいと思います。
そこには、まず演奏家以前に、人間として。

こんな事を考える毎日です。

毎日当たり前のようにやって来る幸せに感謝して。
----
写真は、先日金沢駅で見かけた日本酒の自販機。