2011年5月31日火曜日

流山チャリティーコンサート

先日28日、千葉県流山市でのチェリスト渡部宏さんとのリサイタルを終えました!

朝と昼二回と、なかなかハードでしたが、渡部さんとの音楽の対話を心から楽しめました。

年齢差もあるこんな僕にもフランクに接しアドバイスくださり、感激しました。

当日は沢山の方にお越し頂き、感謝ですヽ(;▽;)ノ

このリサイタルは先月に急に決まったリサイタルでしたが、直前のリハーサルで、短い時間ながら二人の呼吸を感じ、本番では巨匠の深みある音楽を全身に浴びながら、共演させて頂けた事を光栄に感じました!

最後のカザルスの鳥の歌は、今まで聴いた誰よりも祈りに満ち、切々と語る名演でした。

人柄も温かく、ユーモアに溢れ、心からこんな年齢の重ね方をしたい!!と思いました♪

また共演出来る日を楽しみにしています( ´ ▽ ` )ノ

渡部さん、トリオメンバー、絆メンバー、沢山の尊敬出来る演奏家と音楽出来て、幸せです。

さてさて、明日から六月!
良い月にするぞぃ!!

2011年5月19日木曜日

春のかまくら ランチタイムコンサートVol.1

今日は11時から、鎌倉芸術館にてN響チェリスト藤村俊介さんのリサイタルに行ってきました!

600席もある鎌倉芸術館小ホール。

豊かな響きで、素晴らしいコンサートでした!チェロは、ランチタイムコンサートの昼下がりにぴったり!

共演者のピアニスト、礒部章子さんも、とても素敵なピアニストでした!

来月に迫った第二回は、僕が担当させて頂きますが、なんか、、、ドキドキしてきました(笑)

さて、今から芸術館の主催者と来月の打ち合わせと、その後地元広報誌の取材を受けて、夕方から教室でレッスン!

一日一日頑張ります!

2011年5月18日水曜日

アフタヌーンコンサートシリーズ#1松田理奈リサイタル


以前もブログでお知らせさせて頂いた松田理奈さんのリサイタルの詳細が決まりましたので、お知らせします!

今回、プログラムにありますブラームスのソナタ第一番「雨の歌」、非常に難しい名曲ですが、松田理奈さんとどう作り上げていくかワクワクします。



今年は室内楽をいっぱい勉強しようと決めていたので、沢山の室内楽の機会を頂けて感謝です。
来年3月3日には、東京文化会館でのソロリサイタルが控えています。頭で組み立て、2011年の室内楽演奏活動を活かした「音楽」にしたいです。こちらも近々、曲目などお知らせします。




2011/9/23 14時開演

アフタヌーンコンサートシリーズ#1松田理奈 リサイタル


会場 逗子文化プラザ なぎさホール

共演 川田健太郎(ピアノ)

プログラム ヘンデル/バイオリンソナタ第四番ニ長調 op.1-13 ブラームス/バイオリンソナタ第一番 コレッリ/ラフォリア クライスラー/ロンドンデリーの歌 クライスラー/プニャーニのスタイルによる前奏曲とアレグロ コルンゴルト/「雪だるま」よりセレナーデ サラサーテ/チゴイネルワイゼン

詳細 >>>逗子文化プラザホール公式ページ
チケット 全席指定 一般3,500円 小中学生1,000円 ユースチケット(※)1,500円  セット券(アフタヌーンコンサート全5回:16,000円)


お問い合わせ 逗子文化プラザ 046-870-6622




まだ新しく素敵なホールです!
僕もここで弾かせて頂くのは、二、三年ぶりなので、楽しみです!
逗子の雰囲気、大好きです。湘南大好き!

2011年5月17日火曜日

柑太。

叔父バカだろうと何だろうと可愛いものは可愛いんだ!!

サーシャ

暖かい陽射しの日が増えてきましたね!

最近、サーシャと散歩した時の一枚。

タンポポに異常に反応し、暫くずっと見つめていました(笑)

2011年5月15日日曜日

絆vol.10 東日本大震災復興支援チャリティーコンサート




2002年に芸高を卒業して以来、同期5人(川田健太郎、佐藤卓史、中谷正文、前田拓郎、本山乃弘)で毎年続けてきたコンサート、絆。

オールソナタ、オール2台ピアノ、トランスクリプション、20世紀音楽、ロシア、ショパンと毎年コンセプトを掲げて、一年に一度5人のスケジュールを合わせ、開催してきました。

そんな絆コンサートも、今年は10年目という大きな節目の年となります。

多くの方々に支えられ、続けてこれたこのコンサートは、メンバーそれぞれも10年の重みを感じ今もそれぞれ世界中で日々研鑽を重ねています。


この同期メンバーと出会えた事、これは何にも代え難い僕の宝です。
彼らとの出会いがなければ、今自分がピアノを続けていられたかも、わからないです。

日本、ロシア、ドイツ、パリ、アメリカとそれぞれの道に歩んでも、毎年一回のこの演奏会で聴くそれぞれの音楽や成長にどれだけ刺激を受け、鼓舞され、前に進まなくては!と思えたか。


今回、10周年のコンセプトも決まり、話し合いもだいたい決まった矢先の3月11日の東日本大震災。


世界中に離れて時差もある中で、毎日ネット上での話し合いを重ね、今僕らが出来る事、それは音楽を通しての復興支援。という結論になりました。

コンセプトも1から練り、東北の被災者に向け、僕ら絆の10年目も動きます。


当日設置させて頂く募金箱、本公演での収益、全額を被災地に送らせて頂きます。
送金先、送金方法など、明確に後日、記したいと思います。

多くの方に、支えられてきた絆コンサート。

この絆は5人の間だけのものでなく、今、被災者へと繋がる絆コンサートとして当日に向け、メンバーそれぞれ準備しています。

是非、僕らのピアノを通しての思いを聴いて頂けたらと思います。



今年のコンセプトは「祈り」です。



8月7日(日) 14:00  紀尾井ホール
絆 vol.10 祈 ~東日本大震災復興支援チャリティーコンサート~

・モーツァルト/リスト:「レクイエム」~コンフターティスとラクリモーザ
・リスト:ハンガリー狂詩曲 第2番 嬰ハ短調 S.244 [前田拓郎(Pf)]
・シューマン:森の情景 op.82 [川田健太郎(Pf)]
・ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第32番 ハ短調 op.111 [佐藤卓史(Pf)]
・バーバー:ピアノ・ソナタ 変ホ短調 op.26 [中谷政文(Pf)]
・スクリャービン:ピアノ・ソナタ 第3番 嬰へ短調 op.23 [本山乃弘(Pf)]

入場料:一般3,000円/学生2,500円

2011年5月12日木曜日

デュオリサイタルのお知らせ

去年からスタートさせたVolando Trioのチェリストでもある悪友?親友?の奥泉貴圭君と、今年も鎌倉と札幌でリサイタルをさせて頂きます!
お互いどんなに忙しくても負荷をかけて室内楽をしっかり勉強しようと始めたこの企画。彼とのアンサンブル、本当に楽しい!今年もソナタ二曲とベートーヴェンのヴァリエーション。今からワクワクしてます♪

鎌倉は何度もコンサートをさせて頂いた事のある鎌倉芸術館の3階にある集会室。200人以上入る場所で、温かい雰囲気が気に入ってます!

札幌公演は、今年もヴァイオリニストの松田理奈さんをゲストに迎えて、ピアノトリオも演奏します!

----------

デュオリサイタル
Vol.2 〜想〜 鎌倉公演
2011年8月27日(土)
鎌倉芸術館集会室(3F)(鎌倉)
開場17時30分 開演18時
¥2000
チェロ 奥泉貴圭
ピアノ 川田健太郎
プログラム
ベートーヴェン/モーツァルトの歌劇「魔笛」の主題による7つの変奏曲 WoO.46
メンデルスゾーン/チェロソナタ第二番 ニ長調 Op.58
ベートーヴェン/モーツァルトの歌劇「魔笛」の主題による12の変奏曲 Op.66
ショスタコーヴィチ/チェロソナタ ニ短調 Op.40
問い合わせ先
0467-39-6158 (音楽企画リラ)
チケット発売日 6月予定

----------

デュオリサイタル
Vol.2 〜想〜 札幌公演
2011年9月4日(日)
ウェストライフ・ウェストホール(札幌)
開場14時 開演14時30分
¥2000
共演 奥泉貴圭 松田理奈
プログラム
ベートーヴェン/モーツァルトの歌劇「魔笛」の主題による12の変奏曲 Op.66
メンデルスゾーン/チェロソナタ第二番 ニ長調 Op.58
ブラームス/ピアノ三重奏曲第一番 ロ長調 Op.8
問い合わせ
メールでの問い合わせ
tickeord@gmail.com
*必ず件名に「デュオリサイタル申し込み」と記入願います。
また詳細わかり次第、アップしていきます♪
----
写真は先日お散歩に出かけた地元の公園。草木の匂いに癒されました(*^^*)

2011年5月11日水曜日

先日のチャリティーコンサートでの義捐金について


先日6日に銀座YAMAHAサロンで行ったチャリティーコンサートの義捐金をさっそく日本赤十字社に御世話になった銀座YAMAHAさんが送金してくださいました。



合計額  237696円

たしかに、1円漏らさず送金されましたので、聴きに来てくださり、募金に参加してくださいました皆様にご報告させていただきます。

心から御礼申し上げます。

5月28日 コンサート情報

今月5月28日(土曜)、千葉県流山市にてチャリティーコンサートをさせて頂きます。
共演させて頂くのは、東京ヴィヴァルディ合奏団音楽監督、でもあるチェリスト渡部宏さん。
初めて共演させて頂きますが、どんなステージになるか楽しみです。

先日のヤマハ銀座もそうですが、被災地の方々へ、音楽を通して出来る事を長い目で支援、応援していきたいと思います。

今日で、ちょうど震災から2ヶ月が経ちました。

正直まだ2ヶ月なのかと感じます。

これから復興の道のり、そして今も実生活も精神的にも苦しんでいる東北の皆様の事を想像すると、音楽は何が出来るんだと音楽家として苦しい日々を送りました。


先日のチャリティーコンサートにいらして下さったお客様がそんな事を知ってか知らずか


「震災後、気持ちが不安定な毎日でしたが、今日は演奏を聴いて心が癒されました。必ず、「音楽」が必要となる時が来ます。」


と、募金をしながらおっしゃっていたのを聞いて、僕ら自身、それを信じて日々生活していたけれど、その言葉が演奏を聴いて下さった聴衆の方の口から出た言葉だった事が、何よりも自分の存在意義といいますか、自分のやっている事を通して役に立てる事への希望そのものの言葉でした。


今月末も音楽の楽しさ、美しさ、色々な音色を届けたいと思います!
千葉県の皆様、是非お時間お越しください!


東日本大震災復興支援 渡部宏チェロ・チャリティコンサート

日時:5月28日(土曜)

会場:流山市生涯学習センター

開演:11時00分(1回目)
   15時00分(2回目)


チェロ:渡部 宏
ピアノ:川田 健太郎


曲目:サンサーンス 白鳥
   カザルス 鳥の歌
   ポッパー ハンガリア狂詩曲
   宮沢賢治 星めぐりの歌  他

お問い合わせ:流山市生涯学習センター 04-7150-7474

主催/流山市生涯学習センター指定管理者アクティオ株式会社
企画協力/東京ヴィヴァルディ合奏団
後援/流山音楽家協会



また詳細が決まり次第お知らせさせて頂きます。

行きつけの店

池袋に来るとよく行くお寿司屋があります。

大将もノリが良く、握り以外も殻付き焼空豆や、鮭のハラス焼など、とても丁寧に美味しい。

いつも御世話になってる先輩のヴィオラ奏者の松本有理さんに教えて貰ってから大好きに♪( ´▽`)

今日は、生タコが絶品でした。岩塩で頂き、何貫でも食べたくなる。

また明日から頑張れます!!

美味しい物を食べると、活力が湧いてくる( ̄^ ̄)ゞ

明日も朝からバリバリ練習して、働きます!
最近朝型に戻り、身体も喜んでる感じ。

おやすみなさい( ´ ▽ ` )ノ

2011年5月10日火曜日

柑太の髪の毛。

噂をしてたら、姉と柑太が来た!

そして、、、、ホントに減ってる疑惑。・゜・(ノД`)・゜・。
----


いいの。

髪とか、そんなスケール小さい事はいいの。

ブルースウィルスカット(あれは、髪型なのか?)とか、いっそ瀬戸内寂聴カットとか、まだまだバリエーションあるから。

可愛いから、いいの。

柑太。

甥の柑太(かんた)君。どんどん成長してます。

でも、一向に髪が生えませんΣ(゜д゜lll)

次はいつ会えるかな。

早く会いたいな。

次はもう少し生えてるかな。

むしろ毎回減ってるな。

2011年5月8日日曜日

前へ。

来月の鎌倉芸術館でのソロリサイタルに向け、じっくり曲を馴染ませていく作業に入ります。

展覧会の絵は、誰もが知る大曲ですが、もう一度この機会に向き合いたいと思い、プログラムに入れました。

先日も改めて感じましたが、ロシア作曲家の底知れぬスケールの大きさ、絞り出す様な美しさ。
住んでいた頃の情景が頭の中で浮かんでいました。

今回トリオで得た勉強を、ソロに活かし、またその逆も。

幸せなサイクルに感じます。

近々今月末に千葉県流山にてチェリスト渡部宏さんと出演するチャリティーコンサート、八月末、九月に予定しているチェリスト奥泉
さんとのリサイタル情報の詳細等、アップしたいと思います。


----
写真は、UNIQLOで気に入って買った、UNIQLOコラボT。柿の種の亀田製菓とのコラボです。自分は気に入ってるんだけど、周りは冷ややかな反応(´・_・`)

2011年5月7日土曜日

チャリティーコンサート。

今日は、銀座YAMAHAさんの全面サポートの下、銀座YAMAHAサロンにて、松田理奈さんに呼んでもらい、東北地方の方々へのチャリティーコンサートをさせて頂きました。
聴衆の皆様に今回の主旨を賛同頂き、皆様のお陰で義援金は237,696円集まりました。
演奏者一同、心から感謝致します。
僕らにとっても、一演奏家としても、特別な時間となりました。
震災後、音楽家としての無力さに日々苦しんできました。
僕らが、演奏を通して出来る機会を与えて下さった銀座YAMAHAさんに、この場を借り、心から感謝致します。
そして、このアクションは「聴衆」の方々がいて、初めて成り立つものです。
本日集まった義援金は、 銀座YAMAHAさんを通じ、責任を持って現地へ皆様の思いを乗せ、届きます。
ありがとうございました。
そして、トリオの2人にも心から感謝。

2011年5月4日水曜日

チャリティーコンサート、入場方法について

場所/ヤマハ銀座サロン
アクセス→http://www.yamaha.co.jp/yamahaginza/access/index.html

日時/5月6日 18時30分開演
17時より6Fフロア(サロン階)にて整理番号確認の受付が開始されます。
恐縮ですがサロンへのご入場は17時30分〜とさせていただきます。
また、自由席となっておりますので、
受付をされた方より、ご自由にお好きな席を確保願います。

2011年5月3日火曜日

桂のさと

リサイタル翌日、長府の街をゆっくり散歩しました。

素敵なカフェを見つけたので一枚(*^^*)
----

あー、もう帰りたい下関(笑)

病院でのコンサート

美術館でのコンサートの前日はいつもお世話になっている牛尾医院にてミニコンサートをさせて頂きました。

最初にこの手作りのボードが目に入り、温かい気持ちになりました。

患者さんも熱心に聴いてくださり、毎回下関に行く度に恒例となったコンサート。

初めて聴くチェロの響きやや、松田理奈さんの奏でるG線上のアリア、ピアノトリオ。

喜んで頂けて、僕らも良い時間を過ごせました。

そんな素敵な一コマ(*^^*)

2011年5月2日月曜日

下関市立美術館

4月30日、松田理奈さん、奥泉貴圭さんとのピアノトリオ、Volando Trioにとって初のフルリサイタルを、第二の故郷の下関にて無事に終えました。
震災後初めての大きな本番。果たして、聴きに来て頂けるのだろうか。と心配をしていました。
当日、会場に溢れ立ち見までして聴きにいらしてくださった約450人もの聴衆の皆様が目に飛び込んだ瞬間、三人とも心から感謝を胸にステージに立ったと思います。

ブラームス、ショスタコーヴィチと対極的な作品をどう弾き分け、伝えるか。
前日のリハ、響きや互いのポジションの定位置を定めるまで、美術館の方やお世話になった先生方には沢山の我儘、時間を取って頂き、心から感謝しています。
そして何より、今回は想いの込もったスタインウェイピアノ。
このピアノを復活させるにあたり、尽力し、沢山の方々に呼びかけた今は亡き牛尾シズエ様。
彼女に僕らの音は届いたでしょうか。
アンコールの街の歌、二楽章では、三人が弾くというより、会場の全員が不思議な力により、導かれたような空気に包まれたように感じました。
演奏中、彼女に頂いた沢山の愛を思い出し、胸が苦しくなり、2人を見たら、涙を流し音を奏でていました。
やはり、弾く事は祈る行為に近いと感じます。
3月11日、地震の瞬間、僕らは偶然にも三人でいました。
その後起きた、信じ難い現実の中、音楽は無力なのか。何も出来ない自分に、音楽家としての自分に、答えの出ない無力感でいっぱいでした。
今回、リサイタルを終え、もちろん反省点もありますが、ひとつ、ハッキリと答えを彼女が天国から導き出してくれました。

音楽は、決して無力ではない。
聴いてくださった皆様から、沢山のエネルギーを頂きました。
東京に戻る前に、お墓で手を合わせ、シズエおばあちゃんの想いの込もったピアノを下関の皆様にまた披露出来た報告ができました。
また次の演奏に向け、精進する思いです。
Volando=飛ぶ、飛翔する
素晴らしい弾き手の彼ら2人に負けないよう、来月のソロリサイタルも、頑張ります。
また帰って来ます。
下関の皆様、お元気で!