2012年10月30日火曜日

蕎麦。

昨日は、レッスンした後に蕎麦職人だった、いつも良くして頂いている方に蕎麦打ちを習う日でした。

が‼

僕は時間に間に合わず泣く泣く、参加出来ず…食べただけ(笑)





捏ねて、打ちたての蕎麦は、とんでもなく美味しかった‼



ちなみに彼は、友人であり蕎麦職人の方ではありませんが、かなりの風格でベテランぽかった(笑)

-- iPhoneから送信

2012年10月28日日曜日

発表会

今日は、生徒達のピアノの発表会でした。
みんな、本当に成長したなぁー。
ドキドキしながらも、感動しながら聴いていました。

明日もレッスンです。
そして、元蕎麦職人さんにお蕎麦を打つのを習います‼楽しみ‼




写真は、実家の愛犬、サーシャ。
鼻で土を掘るから泥んこです。
ごろ~ん。


-- iPhoneから送信

親父

今日は午前中に、明日に迫った生徒の発表会でヴァイオリンの生徒さん達の合わせをした後に、父の少し早い誕生日祝いを、茅ヶ崎のMOKICHIにて。



どーん!ブログ、初登場の親父です。

自分が年を取れば取る程、親父の背中は本当にデカいし、格好良いと感じます。

親父、おめでとう。
身体を大事に益々、患者さんを救って下さい。
尊敬してます。




そして、今日は実家に泊まりますが、この秋、初めて薪ストーブを。



自然の火の温かさは、心にも伝わる温かさ。

薪ストーブ、いつか自分も欲しいです(>_<)


さて、明日、僕の生徒達は自分の力を出し切って良い顔で終えられるかな?先生も、ドキドキ。

おやすみなさい。
-- iPhoneから送信

2012年10月26日金曜日

城下町CHOFUコンサート‼

来月11月2日(金)に、山口県立長府高等学校にて、コンサートをします!



先日、その日に共演する曲のリハーサルの為、下関に行っていました♪


当日は前半にピアノソロで主にロシア音楽に焦点を当て、お話を交えながらのプログラムです。

後半は、長府高校の生徒さんと連弾で共演します!


そして、後半のメインは、吹奏楽部の皆さん+下関市民オケの助っ人団員さんと指揮の友永先生とのコラボレーションです!


山口の皆さん、入場無料なので、是非是非!沢山の方々に聴いて頂きたいです。


楽しく、迫力ある素敵なコンサートになりそうで、今から僕も楽しみです!


-- iPhoneから送信

2012年10月25日木曜日

柑太

甥の柑太。



自分のオヤツの木の実を、セミの抜け殻に食べさせようとしてるらしい(笑)

暫く会えてないので、姉から送って貰う写メで我慢。


-- iPhoneから送信

2012年10月24日水曜日

長府高校

昨日は、山口県立長府高校にお邪魔し、来月2日にある本番の打ち合わせと、吹奏楽部とのリハーサルをして来ました‼



下関市民オケの団員さんからも、お忙しい中、助っ人に参加して頂き、当日は楽しいコンサートになる事、間違いなし( ´ ▽ ` )ノ

久しぶりに高校という場所で高校生達と時間を過ごしましたが、みんなハキハキしていてキラキラしていて、良い子達ばかり。
何か、今回の共演を通して、音楽の楽しさを再確認して貰えたら、僕も嬉しいです。

4時間みっちりのリハーサル。フルコンではないから、オール管楽器に対しなかなかヘビーですが、ひとつのものを、こうして若い世代と創り上げて行く喜びは、何にも勝る充実感‼



本番が今から楽しみです(*^^*)

短い滞在でしたが、実りある時間でした。



今日は葛飾にて副科ピアノを指導している生徒のトロンボーン伴奏で本番です。エワイゼンのソナタ、なかなか難しいですが、がむばります( ̄^ ̄)ゞ

月末はピアノ生徒の発表会、こちらもドキドキ。みんな、最後の追い上げです。


-- iPhoneから送信

2012年10月23日火曜日

下関

昨日の最終で下関に来ています。

来月2日に開催されるコンサートでの、高校生吹奏楽部の生徒さん達とのリハと打ち合わせの為、強行スケジュールです(笑)

2年前に100周年式典に向け、復活を遂げた80年前の素晴らしいスタインウェイを当日使い、ピアノソロ、吹奏楽とのガーシュインと、盛り沢山な内容です(*^^*)

今日は、夜までみっちりリハをし、明日早朝に東京へ帰ります。残すは、前日リハしか無いので、今日のリハは超大事‼
高校生との共演、楽しみです( ´ ▽ ` )ノ

明日は葛飾で、本番。
連勤記録を更新中ですが、楽しく充実してます。




写真は、実家の愛犬、サーシャ。小さい頃から、この寝方…威厳ナシ。


-- iPhoneから送信

2012年10月22日月曜日

お疲れ様でした。

昨日は、第一生命ホールにて、東京ヴィヴァルディ合奏団定期演奏会でした。




ソリストの米元響子さんのバッハの協奏曲、素晴らしかったです。
ご一緒出来て、本当に勉強になりました。
僕の事も知っていて下さり、ステージ裏で声を掛けてくれて、お話させて頂き、気さくで温かい素敵な方だなぁと、感動。

来年、オペラシティのBtoCシリーズに登場するみたいなので、必ず行きたい‼


さて、今日は月末のピアノ発表会に向けての、夜まで続く生徒のレッスンを終えたら、最終で羽田から北九州へ。
来月あたまにある、下関でのコンサートに向けてのリハと打ち合わせです。
明後日、昼には都内で本番なので、バタバタですが、ひとつひとつ丁寧に頑張ります。

ずっと、まとまった休みがないから、何処かに旅行したい…まぁ、下関に行くだけでも不思議と身体も心も健康になりますが!

今夜、暴風が凄いとニュースでありましたが、飛行機飛んでくれー!




-- iPhoneから送信

2012年10月20日土曜日

明日

明日は東京ヴィヴァルディ合奏団の第107回定期演奏会にチェンバロで出演させて頂きます。




第一生命ホールにて14時開演です。
ソリストの米元響子さん、謙虚でいて柔らかいお人柄で、素晴らしいヴァイオリニストでした。

明日のバッハの協奏曲、楽しみです♪

今から中野に移動して、生徒さんのレッスン‼時間ギリギリΣ(゚д゚lll)


-- iPhoneから送信

母校。

昨日は、母校のある若松河田にレッスンへ。


東京女子医大で、産声をあげ、合気道やりながら、元気に小学校3年まで過ごした町。
授業中、うるさくて机ごと廊下に出された記憶が鮮明です(笑)
クレイジーケンは、日本に帰国しても、クレイジーでした。はい。


この町は、沢山のご近所さんに育てて頂いた僕の原点です。




余丁町小学校も、むかし通ってた時より、うんと小さく見えた。

もう河田町にフジテレビはないし、大江戸線が出来て凄く便利になったけれど、新宿とは思えない下町っぽさは残っていて嬉しかった。

夜はオペラシティへ、尾形大介さんのデビューリサイタルを聴きに。

素晴らしかった。
尾形さんらしい実直な演奏で、とても勉強になりました。

特に後半の日本初演、ハマリのMRIソナタは、無機質でいて変則的な世界観が表され、素晴らしかったです。最近現代曲を演奏したばかりなので、アンテナがピンと反応しました(笑)

今後もまた、聴きに伺いたいです!聴きに行かれなかった皆様も、次回は是非‼

尾形さん、心から、おめでとうございます(*^^*)


さて、今日は明日の東京ヴィヴァルディ合奏団での最終リハと、レッスンです。
僕も元気に楽しんで頑張ります♪









-- iPhoneから送信

2012年10月18日木曜日

尾形大介ピアノリサイタル

明日、10月19日午後19時より、発足から関わらせて頂いてるNPO法人「芸術・文化 若い芽を育てる会」の今年度の助成受賞者、ピアニスト尾形大介さんのピアノリサイタルが、東京オペラシティ リサイタルホールで開催されます。

6月のあたまにに一般公開での最終審査会に審査員として参加させて頂きましたが、見事な演奏としっかりしたビジョンを持ち合わせていた尾形さん。お得意のリスト、バルトーク等、プログラムも中身の濃いものです。

僕も明日は、聴きに駆け付けたいと思います。

ハンガリーの留学から帰国し、これから羽ばたいていくスタートとなる明日のリサイタル、楽しみにしています!!これからも応援していきたいと思います!!

お時間ある方は、是非!!


「尾形大介ピアノリサイタル」

2012年10月19日(金) 19:00~
東京オペラシティ・リサイタルホール
京王新線(都営地下鉄新宿線乗り入れ)初台駅東口下車 徒歩約5分
ハイドン:ソナタ ハ短調 Hob.XVI/20
ベートーヴェン:ソナタ ヘ短調 Op.57《熱情》
ハマリ:ソナタ -MRI-(日本初演)
リスト:B-A-C-Hの主題による幻想曲とフーガ
バルトーク:ソナタ(1926)

2012年10月17日水曜日

リハ。

今日から、今週末にある東京ヴィヴァルディ合奏団の第107回定期演奏会のリハがスタートしました。




50年もの歴史を持つ、音楽監督兼チェリスト渡部宏さん率いるこの合奏団の最大の特徴は、指揮者を置かず、弦楽とチェンバロの男性12人での編成で演奏する事です。

去年から、出演させて頂く機会が度々ありますが、非常に勉強になる、アンサンブルの経験の場です。


何より、弦楽のバロック音楽に沢山触れ、知る事が出来て、毎回ワクワクします。

今回のソリストは、ヴァイオリニストの米元響子さん。

今から楽しみです(*^^*)


-- iPhoneから送信

2012年10月16日火曜日

ラプソディーインブルーwith富士フィル

昨日のBlogの続きです。

土曜日、大阪は追手門学院大阪城スクエアにてリサイタルを終え、新大阪でたこ焼きを買い(笑)、静岡へ。

夕方からの、本番のホール、ロゼシアター大ホールでリハーサル。







今まで弾いた、この2000弱規模のホールでは、ダントツに素晴らしく、1番好きなホールでした。
音の反響、衰退、ピアノのコンディション。

富士フィルさんも、前日のリハでは、素晴らしい状態に仕上がり、各ソロの方々は、完全に自分のモノとされていて、驚愕しました!

ブラヴィー!←複数形。

掛け合いも楽しく、オケの熱気ムンムンのアツいガーシュインに。
最後のクライマックスは、ピアノVSオケの様な高揚感。

柳澤寿男先生も、こちらのやりたい事を瞬時に汲み取って下さり、反応され、素晴らしいマエストロだなと感じました。

夜は、ご厚意で21時半まで、居残り練習させて頂き、さすがに、ぐっすりバタンきゅー。


日曜日。
色々な想いを胸に感じながら、ステージに立ちました。
本番特有のアドレナリンと、テンション、何よりオケと柳澤先生とひとつの音楽を創り上げる喜びに、弾きながら、終わりたくない!と思いました。初めての経験です。


アンコールは、何曲か用意はしていましたが、椅子に座った瞬間に、めぐり逢いを弾き始めていました。

音楽を通して、富士フィルの皆さんと繋がり、演奏出来た事を、感謝しながら。

僕も、音楽で生きていて色々な事がありますが、やっぱり、音楽は素敵なものだと噛みしめる事が出来ました。


柳澤先生、富士フィルの皆さん、コンサートに関わった全ての方々に、心から御礼申し上げます。
いつか、ロシアもののコンチェルトの時は、是非呼んで下さい‼



終演後、マエストロ柳澤氏と。

-- iPhoneから送信

2012年10月15日月曜日

ありがとうございました!

週末の2日間、大阪でのチェロリサイタル、静岡での富士フィルとのコンチェルト、終わりました。


まずは、土曜日、チェリスト誓山由樹リサイタルについて、書きたいと思います。


金曜日に大阪入りし、作曲の立木貴也氏の作品を初演する為、本人に立ち会って頂きながら、リハを進めました。




初めての現代曲、心配でしたが、立木氏が口でイメージを説明すると、不思議と作品の本質が明確に見え出し、引き込まれました。

「パサージュ」ピアノとチェロの為の


この作品は、日本音楽、能や雅楽など、伸縮するリズムと西洋音楽の融合をはかった作品です。
ピアノの弦を抑えて鍵盤を叩く奏法や、弦を直接弾く奏法。
和の世界が持つ、「間」。これがこの作品の大きなコンセプトでした。





当日のアンケートでは、この作品の印象も凄く良かったようで、僕もチェロの誓山くんも、ホッとしました。

また機会があれば、是非演奏したい、僕にとっても大事な作品となりました(*^^*)
立木貴也さん、本当にありがとうございました!

そして、誓山君とは、グリンカや、ラフマニノフの歌曲、チャイコフスキーのペッツォカプリチタオーソ、珍しいボエールマンのチェロソナタを。



歌曲は、彼の魅力を発揮出来る真骨頂だった様に思います。

ボエールマンのソナタは、誓山君の紹介で初めて知りましたが、オルガン作品を多く残したせいか、フランス作品とは思えない重厚な
世界観があり、隠れた名曲です。

誓山君のチェロの音色は、温かく深い。毎回聴く度に独特な彼の魅力を感じ、嬉しくなります。

また、是非共演したいです。ありがとう、ちかやん‼

当日は、沢山の方々がいらして下さり、嬉しかったです。
追手門学院のスタッフの方々、細やかなお心遣い、ありがとうございました!



終演後、誓山君、立木貴也さんと。
-- iPhoneから送信

2012年10月10日水曜日

今週末。

土曜日は、大阪にて、チェリスト誓山由樹君のリサイタルです。





彼の人柄をそのまま音にしたような温もりある響き。昔から大好きです。高校時代から、お互いの話を何でも話してきた数少ない友人です。初の現代曲は、僕の脳のキャパを越えそうで、今からドキドキ…。



そして、翌日、日曜日は静岡は富士市にて、柳澤寿男先生指揮、富士フィルさんと、ラプソディインブルーを共演させて頂きます。


初のJAZZ要素を多く含んだこの名曲を、当日、団員さんとひとつになれるように頑張ります。



さて、体を休める為、今から温泉でケアして来ます( ̄^ ̄)ゞ


-- iPhoneから送信

2012年10月9日火曜日

花巻

一昨日は、東京ヴィヴァルディ合奏団で、花巻市にてコンサートでした。




ヴィヴァルディの四季や、様々な曲を演奏し、ステージ上でピアノとチェンバロを行ったり来たり(笑)


鍵盤楽器とはいえ、全く別の楽器を同じ時間に弾き分けるのは、とても難しく、ドキドキしました(笑)

団員さんも、藝大関係の先輩ばかりなので、楽屋は、和気あいあいととても楽しい雰囲気。

帰りの新幹線を一本早める為にタクシーを飛ばし、なんとか間に合い、みんな帰りは爆睡でした。

次回は、21日第一生命ホールで、東京ヴィヴァルディ合奏団定期演奏会です。

その前に、今週末、大事な本番がふたつあります。

頑張ります。


-- iPhoneから送信

2012年10月5日金曜日

道。

色々な種類の音楽に関わる仕事をさせて頂いているけど、それぞれが一つの大きな流れへと続いている。





明日からリハが始まり、週末は花巻で本番。
来週末は、僕の親友の大阪でのチェロリサイタルと静岡での富士フィルさんとのコンチェルト。



-- iPhoneから送信

2012年10月2日火曜日

下関

「おかえりなさい。」

本番や、仕事で行く度に、沢山の方々に、手を握られ、そう言って頂ける下関と言う場所。


今の僕のタイミングで、行けた事も、きっと神様からの何らかの意図があるはず。




関門海峡の景色が目に飛び込むと、故郷の様な懐かしさが胸に溢れます。

来て良かったー。


-- iPhoneから送信