2014年11月13日木曜日

御無沙汰してます。

先月から長く続く微熱と咳と共に体調を悪化させ、10月は大学も休講し、演奏活動の方でも、多方面の方々に御迷惑をお掛けしました。

不幸中の幸い、悪いものは見つからず、少しずつ、自分の出来ることを始めています。

休んでいた間、生徒達やオーガナイザーの方々には御迷惑を沢山おかけました。

先月今月といくつかのコンサートを降板する事となり、改めて、音楽家は大変だなと、痛感。


富士フィルさんとの一昨年に続く2回目の共演も果たせず、本当に申し訳なく、残念です。
大好きな方々との夢の時間。

代役には、モスクワ時代の憧れの大先輩ピアニスト、土田定克さんが引き受けて下さりました。
来月には、偶然にもモスクワで同じ3番を弾く機会があるという事で、直ぐに対応して下さり、心から感謝しています。


大学の生徒達も心から心配してくれて、とても有難かったです。
実技試験に向けて、生徒の為にも頑張らねばと思います。

休んでいた分の補講もしつつ、切り替えて頑張らねば!


これからも、宜しくお願い致します。







-- iPhoneから送信