2016年9月20日火曜日

17日、絆&上野学園コンサート

17日は、絆vol.15ロシア魂‼︎を第一生命ホールにて、開催‼︎
素晴らしい音響のホールでした。
曲は難曲、ショスタコーヴィチのピアノトリオ第2番を、ヴァイオリン藤崎美乃さん、チェロを奥泉貴圭くんを迎えて。

深淵な闇の中進む、この音楽を僕は愛しています。
ショスタコーヴィチの持つ音楽の力は、人の力を越えた圧倒的なものを感じます。それでいて、非常に人間臭い。この矛盾とも言えるバランス感覚に僕は毎回、魅せられるのです。



カーテンコール。


この偉大な同期4人のピアニスト達がいなければ、僕は此処にいないと断言出来る。

五人各々の個性、目指すもの、向かう場所も違う中で、お互いを尊敬し合えること、そして、このコンサートが毎年15年も続くこと、全てが奇跡に近いと思います。


打上げに出ず、泣く泣く終演後直ぐに、北とぴあへ移動。
夜は、大学の同僚のピアニスト、干野宜大さんとブラームスの連弾で、上野学園保護者有志の会が主催して下さった「未来へ繋ぐ紡ぎ歌」コンサートに出演しました。
沢山の保護者の方々の御尽力に頭が上がりません。本当にありがとうございました。

在学生徒、卒業生、講師陣がひとつのコンサートに立つ素晴らしい試みでした。保護者の方々の素晴らしい熱意により実現したコンサート。
参加出来たことに、心から感謝です。


この大学や、学生、先生方が本当に大好きです。素晴らしい現場だと思います。
このコンサートが、昼にあった絆の様に、続いていくことを心から願っています。


さて、明日から長崎です。
本番とレッスン。どちらもひとつずつ、丁寧に向き合いたいと思います。