2016年6月25日土曜日

ここ最近

4月末から5月、6月と本番、大学、地方レッスン、講座と、本当に忙しい月を過ごしてます。

もう、頭の中の整理や体力の回復なんて、時間の過ぎるスピードと全く合っていない2カ月。


4月末は、千住明コンサート Calender@仙台公演。
仙台フィルさんと、コンチェルト「宿命」とカレンダー組曲など、コンチェルトを控えながらも、前半から出ずっぱりのハードな本番でした。
仙台フィルさんの素晴らしいサポートに安心して演奏する事が出来ました。
また、9月と11月に水戸と伊勢崎市でこのコンサートのツアーが続きます。

5月3日は、ラフォルジュルネ2016のオープニングを飾る、千住明さんと丸ノ内エリアコンサート。

ヴァイオリニストの内山ふみさんリサイタル。
シューマンの後期の作品や、ラフマニノフ、ベリエルのロマンスなど、ヘビーなプログラムでしたが、彼女の持つ音楽性と深く対話出来た素晴らしい時間でした。


そして、ヴァイオリニストの納富彩歌さん、チェリストの奥泉貴圭くんとピアノトリオの本番、ブラームスのピアノトリオ1番を軸にこちらもなかなか重い本番でしたが、初のトリオでしたが、2人とも流石でした!本番の写真が無く、この車内の1枚…。


そして、その後、毎年立ち上げから関わって活動してるNPO法人  芸術・文化、若い芽を育てる会の今年度の奨学生を選ぶ、最終選考の審査に6月11日に山口下関へ。
審査結果は、地元のNHKはじめ各メディアでも大きく報じて頂きました。
今年度も優秀な若い芸術家と出会え、応援していける事となりました。
こうした活動も自分の大事なひとつ。

そして6月15日、リリスホールにて、山田那央さんヴィオラリサイタル!
シューマン後期の作品とブラームスのソナタと超重い作品を軸に、小品もわんさか、2人ともくたくたになりました(笑)満席完売!


そして、その週末17〜19は長崎へ、秋の本番のリハーサルと、生徒さんレッスンと奏法についての講座をしに。子供達のお顔はプライバシー保護m(_ _)m
20人以上の生徒さんと音楽漬けの時間でした。何か少しでも、心に残るものがあると信じて。また、来月、9月、12月と長崎には伺います!
3日間、フルに動いて帰りの飛行機の中は、記憶が無い…

大学のレッスンも、今年度は週25時間近くあり、本番などで休講したレッスンは、夏休みに、そのまま、のしかかる!!!!学生も必死ですから、可能な限り、応えないと。

来週は、富士フィルさんとコンチェルト。自分の為の時間を確保し、頑張れ。。。
最近疲れやストレスか、初めて難聴気味で、耳が疲労してるのが分かります。

音楽で生きるのは本当に過酷ですが、気力と努力でなんとか前を向きたいと思います。

ギリギリ生きてます。